【番外編】「1年間、私が若洲で釣った魚種と数」(2015年釣括)

20151226_163407

昨日、今年最後の若洲釣行を予定してたけど、あまりにも寒くて断念した。(けっこうヘタレです)

さて、私にとって2014年6月に釣りを始めてから2年目にあたる2015年は、ほとんど若洲釣行だった。しかも、釣り初心者である私は、日中の若洲で釣果を上げることが難しかったので、ほぼ夕マズメの夜釣りに徹してきました。

2015年はいろいろ学んだ。たしか7月頃には針結びを覚えた。そして潮の動きに変化があったときには、魚の活性にも変化があることを体験した。魚のサイズが大きいほど警戒心が強いことを知り、針のサイズとエサのサイズは小さい方がいいということを体験で学んだ。この3つを学んだことで、自分の中ではメジナの釣果が飛躍的に伸びた。

それにしても今年は若洲以外の釣り場には、横須賀のうみかぜ公園1回、旧江戸川1回しか行きませんでした。よくもまあ、若洲だけの記事を書き続けられたもんだと振り返ってるところです。

以下、私の1年間の釣果を集計してみました。

2015年1月~12月釣果集計(釣行回数:35回)

  • メジナ  51尾
  • チンチン 32尾
  • カサゴ 27尾
  • メバル 16尾
  • カイズ 8尾
  • セイゴ 8尾
  • コショウダイ 3尾
  • カエルウオ 3尾
  • ソイ 1尾
  • ドロメ 1尾
  • サッパ 1尾
  • マルタウグイ 1尾

う~ん…

どうなんだろうか?

これすべてが若洲での釣果なんだけど、釣行回数が多いので、他の人に比べて1釣行あたりの釣果は少ないかも。でも、あらためて集計してみると、意外とメバルの釣果が少なかったように思えた。セイゴもかなり少ないし。フッコなんか0尾だったし。釣りを始めた2014年は堤防での釣りが多かったので、フッコとセイゴが釣果の大半を占めていたけど、今年はほとんど人工磯だったこともあり、シーバスの類は出会う機会がほとんどなかった。

まあ、来年は新しい試みとして、ハイシーズンにはコマセを使ったフカセ釣りに挑戦してみたいとは思ってます。

ちなみに来年の目標は、今年成しえなかった尺超えのメジナ、クロダイ、カサゴを若洲で釣り上げること。加えてメジナの年間釣果数100尾超えですかね。

ということで、新年はいつ若洲へ行くか予定していないけど、2016年も引き続きよろしくお願いします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「若洲での五目釣行記.com」はランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「釣りに行きたい」

「ほんの少しだけ知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

↑↑↑↑↑

どちらかポチッと押してもらえると幸いです。

いろんな方のブログ釣行記も見れますよ。

12月26日夕 若洲人工磯で本命カサゴ0尾、外道メジナ2尾他

晴れ・大潮・若洲(人工磯)・16時半~20時

本日の釣果は、メジナ2尾、セイゴ1尾。

 

今日の若洲人工磯は思ってたよりも寒くなかった。

今年の冬は、尺超えのカサゴを本命にしていくので、今日は人工磯をランガンしていく釣り方をしてきました。

 

20151226_162454

まずは船舶信号灯付近の根のあるところからスタートしました。

ここは足場の岩が平らだし、根が2つもあるのでお気に入りのポイントです。潮は二つの根の間を右から左へ動いてました。とりあえずは手慣らしに、赤色にした根の際や二つの根の間の潮に乗せたりしました。

ちなみにちょっとだけ正面からの風があり、海面はガチャガチャしていた。まだ日没前だったのですが、アタリらしき反応はありませんでした。つーか、ウキがよく見えなかった。じつは今日はメガネを忘れてきてしまったのです。私の場合、メガネがないとウキの微妙な動きが見えないのでかなりのハンデだった。

日没後、電気ウキに替えた。

電気ウキのトップが三重に見えた(笑

しかも、海面がちょっとだけガチャガチャしていたので、なおさら電気ウキの動きがわからなかった。こうなると5.3mの磯竿がとても長く感じてしまう。しょうがないので、なるべく波打ち際に立ち、電気ウキもなるべく足元近くに落としていった。電気ウキが遠いと見えないから…

そんなとき、なんか電気ウキが沈んでたように思えたので合わせてみた。

なんと、かかった!

アタリがよく見えなかったのにかかってた。

グイグイ引き込む感触だったので、すぐにメジナだとわかった。

本命のカサゴではなく、外道のメジナ…

 

20151226_174444

17:44頃、メジナ23cm

 

あ~、メガネがないとこんなにやりにくいとは…

しかも夜の岩場なのに足元もほとんど見えなかったし。

そして、次もなんとなく電気ウキが沈んでるように見えたので合わせたたらかかった。

また、メジナだ。

 

20151226_181445

18:14頃、メジナ25cm

 

なんだ、なんだ?

水温もけっこう下がってるはずなのに、メジナが釣れる。

しかも、カサゴ用に針は丸セイゴ針12号とビッグサイズにしてるのに…

 

18:30になり、人工磯の先端付近まで一気に移動したが、大潮で満潮だったので人工磯裏の舗装路は海水でひたひたなので、しかたなく岩場を歩いていった。

先端付近でも潮は右から左へ動いてたけど、しばらく潮に変化はなかった。

アタリらしき反応もない。

今日は20時には納竿する予定だったけど、青イソメがだいぶ残ってた。

そこで久しぶりに堤防へ移動してみることにした。

だいぶ潮は引いてたけど、堤防入口付近で竿を出してみた。

10分ぐらいで20cmぐらいのちびセイゴがかかった。つまらん…

ちびなので撮影もめんどくさくてリリース。

そのまま20時までアタリがなく納竿した。

 

それにしても、普段から人工磯でやってる私にとって堤防の釣りは楽しくなかった。アタリのあるなしに関わらず、根がない堤防ではポイントらしいポイントがないからだ。あると言えばヘチとケーソンの継ぎ目から噴き出る潮のところぐらいか。そもそも根がかかりもしないようなところに魚がいるとは思えなくなってた。やっぱり人工磯の方が楽しい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「若洲での五目釣行記.com」はランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「釣りに行きたい」

「ほんの少しだけ知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

↑↑↑↑↑

どちらかポチッと押してもらえると幸いです。

いろんな方のブログ釣行記も見れますよ。

【番外編】若洲人工磯での沈み根ポイントはスマホに記録しておこう

さて、皆さん、若洲の人工磯ではどんなポイントを狙って電気ウキを投げてますか?

私の場合は、根の際に電気ウキを落とすことがけっこうあります。意外と良型のメジナやカサゴがヒットするんですよ。前回釣行では、想定外でしたが40cm未満のシーバスが足元近くの沈み根際で釣れました。

 

20151018_134621

↑この写真は10月某日、干潮時の写真なんですが、こうやって日中の干潮時に観察しておいて、ポイント毎にスマホに記録しておくといいですよ。潮が上げてくると、よいポイントになります。

私の場合は、船舶信号灯付近から人工磯先端あたりまでをスマホに記録してあります。こうやって自分だけのポイントを5~7か所だけでも作っておけば、釣行前に「今日はAポイントからせめてみよう」とか、「日没からはBポイントに移動しよう」とか、現場でも戦略的な夜釣りが楽しめます。

私はほとんどコマセを使ったことがないので荷物が少ないため、3~5時間の釣行で2~3回ぐらいは釣り座を移動しています。釣った魚はすべてリリースしているので、クーラーBOXは持参していませんからけっこう身軽なんです。荷物が多いと、どうしても移動が面倒になりますからね。ルアーマンの方やクロダイの落とし込み釣りの方みたいに、可能な限り釣り具を身に着け、片手にロッドだけが私の理想です。

 

20151018_134635

あっ、そうそう、↑こんなポイントもありますよ。
満潮になれば写真の矢印①のところまで潮が上げてきますので、このえぐれた感じのところなんかは、良さそうな感じしませんか!?

それと、矢印②の平らな岩の上も、魚の活性がよいときなんかはエサが落ちてくるのを待ち構えたカサゴが居座っていそうな感じがしませんか?この辺りはウキ下50cm~1mぐらいにして電気ウキを流せば、尺サイズがヒットするかも…

すいません、勝手な想像しまくってます。

いつもこんな感じで夜釣りで狙うポイントを日没前に探してます。とくに寒い冬の夜釣りは、適当に電気ウキを投げて、適当に電気ウキを潮に乗せて沈むのを待つだけではどうしても釣果に結び付かないので、活性がちょっとでも低いと感じたときは、根の際へ電気ウキを落とす回数を増やしてます。

なんとかして、今月中に尺超えのメバルかカサゴを釣りたいもんです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「若洲での五目釣行記.com」はランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「釣りに行きたい」

「ほんの少しだけ知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

↑↑↑↑↑

どちらかポチッと押してもらえると幸いです。

いろんな方のブログ釣行記も見れますよ。

12月12日夕 若洲人工磯で窃盗事件発生!

曇り・大潮・若洲(人工磯)・15時半~21時

本日の釣果は、メジナ2尾、チンチン1尾、セイゴ1尾、ソイ1尾。

 

さあ、今日も若洲人工磯へ行ってきた。

今日は自転車のブレーキが調子悪かったので、久しぶりに電車とバスを使った。でもバスはキライ。土曜は帰りの終バスが21:15発だから、時間を気にしながら釣りをしなくてはならないからだ。どうも落ち着かない。

ちなみにまだ水温は下がりきっていないはずだけど、さすがにメジナは釣れないと思ってたので、頭の中はメバルとカサゴだけになっていた。

けど…

日没前に船舶信号灯前付近で

20151212若洲人工磯メジナ1

15:58頃、手のひらサイズのメジナ

とりあえず、ボウズ回避で一安心。

 

そして私の釣り座と10mぐらい離れたお隣さんが、なぜか私の釣り座の真横に移動してきた。

(ん?)

(なんで、そんなに近いの?)

(もっと離れてよ…)

あまりにも近すぎて気持ち悪いので、しょうがなく私が移動した。

ときどき不思議な方がいる…

 

そして間もなく…

20151212若洲人工磯メジナ2

16:53頃、また手のひらサイズのメジナ

 

20151212_170245

17:02頃、チンチン20cm

 

今日は大潮で満潮近くから始めたので、どんどん潮が下げていった。根がどんどんむき出しになっていくのは、あまり好きではない。電気ウキを投下するポイントがどんどん減るからね。

しばらく、アタリがとれない時間が続き…

20時頃、潮の動きに変化はなかったんだけど、あきらかに前アタリが増えてきた。

そして足元から7mぐらいの近いポイントで、「ガツッ」とした手ごたえが!

「おっ!おっ?なんだ?」

竿先に重い手ごたえを感じながら数秒間やりとりし、いつもどおり強引に抜き上げ、海面から2mぐらい高い岩の上に着地。とにかく暴れたけど、暗くて魚種が判別つかない。ヘッドライトをつけると、40cmはない程度のシーバスだった。重かったので最初はボラかマルタウグイかと思ってたけどシーバスでよかった。とりあえずメジャーを横に並べて、スマホでの撮影準備をはじめたところ…

「ガシャンッ!ビチビチッ、ガシャッ  シ~~~ン」

なんだなんだ?

スマホで撮影するときはヘッドライトを消すので、何が起きたか様子がわからなかった。

ヘッドライトを点けると、シーバスがいない!?

あれ?

どこいった?

岩の下に落ちたか?

と思った瞬間、ふとある光景が目に入った。

猫が魚をくわえて、岩の上をゆっくりと歩いていた。

窃盗だ!

お尻をふりながら、でかい魚をくわえて悠々と歩いていた。

今夜の晩飯GETってところか…

若洲で猫に窃盗されたのは初めてではないけど、せめて撮影を済ませてから窃盗してほしかった。

あいつら、いつも釣り人の後ろで狙ってるんだよな…

 

窃盗犯にエサ箱も岩陰へひっくり返されてしまい、残りわずかとなった青イソメですぐに再開。

20151212若洲人工磯ソイ

20:14頃、ほどなく足元近くでカサゴソイ19cmを釣った。こいつは頭のあたりが緑色でちょっと変わったヤツだった。根魚系はまわりの環境に合わせて体色が変わるらしいから、もしかしたら若洲人工磯にも海藻がはえているのだろうか…

 

終バスが21:15だから、人工磯は20分前に発たなくてはならいため、かたずけ10分として、20:45に納竿した。これだからバスはキライだ。気持ち的には消化不良気味に終えた。

まだまだ水温は下がるはずだから、これから湾奥の活性はもっと下がるでしょうね。だから、私の冬の釣りスタイルは、微妙でかすかなアタリを根こそぎひろっていく中で、尺サイズが混ざればよしというイメージでしょうか。いつもと大して変わらんし。

今年の冬の目標は、尺サイズ超えのカサゴとメバル。

なんとかして釣りたい…

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「若洲での五目釣行記.com」はランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「釣りに行きたい」

「ほんの少しだけ知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

↑↑↑↑↑

どちらかポチッと押してもらえると幸いです。

いろんな方のブログ釣行記も見れますよ。