12月12日夕 若洲人工磯で窃盗事件発生!

曇り・大潮・若洲(人工磯)・15時半~21時

本日の釣果は、メジナ2尾、チンチン1尾、セイゴ1尾、ソイ1尾。

 

さあ、今日も若洲人工磯へ行ってきた。

今日は自転車のブレーキが調子悪かったので、久しぶりに電車とバスを使った。でもバスはキライ。土曜は帰りの終バスが21:15発だから、時間を気にしながら釣りをしなくてはならないからだ。どうも落ち着かない。

ちなみにまだ水温は下がりきっていないはずだけど、さすがにメジナは釣れないと思ってたので、頭の中はメバルとカサゴだけになっていた。

けど…

日没前に船舶信号灯前付近で

20151212若洲人工磯メジナ1

15:58頃、手のひらサイズのメジナ

とりあえず、ボウズ回避で一安心。

 

そして私の釣り座と10mぐらい離れたお隣さんが、なぜか私の釣り座の真横に移動してきた。

(ん?)

(なんで、そんなに近いの?)

(もっと離れてよ…)

あまりにも近すぎて気持ち悪いので、しょうがなく私が移動した。

ときどき不思議な方がいる…

 

そして間もなく…

20151212若洲人工磯メジナ2

16:53頃、また手のひらサイズのメジナ

 

20151212_170245

17:02頃、チンチン20cm

 

今日は大潮で満潮近くから始めたので、どんどん潮が下げていった。根がどんどんむき出しになっていくのは、あまり好きではない。電気ウキを投下するポイントがどんどん減るからね。

しばらく、アタリがとれない時間が続き…

20時頃、潮の動きに変化はなかったんだけど、あきらかに前アタリが増えてきた。

そして足元から7mぐらいの近いポイントで、「ガツッ」とした手ごたえが!

「おっ!おっ?なんだ?」

竿先に重い手ごたえを感じながら数秒間やりとりし、いつもどおり強引に抜き上げ、海面から2mぐらい高い岩の上に着地。とにかく暴れたけど、暗くて魚種が判別つかない。ヘッドライトをつけると、40cmはない程度のシーバスだった。重かったので最初はボラかマルタウグイかと思ってたけどシーバスでよかった。とりあえずメジャーを横に並べて、スマホでの撮影準備をはじめたところ…

「ガシャンッ!ビチビチッ、ガシャッ  シ~~~ン」

なんだなんだ?

スマホで撮影するときはヘッドライトを消すので、何が起きたか様子がわからなかった。

ヘッドライトを点けると、シーバスがいない!?

あれ?

どこいった?

岩の下に落ちたか?

と思った瞬間、ふとある光景が目に入った。

猫が魚をくわえて、岩の上をゆっくりと歩いていた。

窃盗だ!

お尻をふりながら、でかい魚をくわえて悠々と歩いていた。

今夜の晩飯GETってところか…

若洲で猫に窃盗されたのは初めてではないけど、せめて撮影を済ませてから窃盗してほしかった。

あいつら、いつも釣り人の後ろで狙ってるんだよな…

 

窃盗犯にエサ箱も岩陰へひっくり返されてしまい、残りわずかとなった青イソメですぐに再開。

20151212若洲人工磯ソイ

20:14頃、ほどなく足元近くでカサゴソイ19cmを釣った。こいつは頭のあたりが緑色でちょっと変わったヤツだった。根魚系はまわりの環境に合わせて体色が変わるらしいから、もしかしたら若洲人工磯にも海藻がはえているのだろうか…

 

終バスが21:15だから、人工磯は20分前に発たなくてはならいため、かたずけ10分として、20:45に納竿した。これだからバスはキライだ。気持ち的には消化不良気味に終えた。

まだまだ水温は下がるはずだから、これから湾奥の活性はもっと下がるでしょうね。だから、私の冬の釣りスタイルは、微妙でかすかなアタリを根こそぎひろっていく中で、尺サイズが混ざればよしというイメージでしょうか。いつもと大して変わらんし。

今年の冬の目標は、尺サイズ超えのカサゴとメバル。

なんとかして釣りたい…

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「若洲での五目釣行記.com」はランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「釣りに行きたい」

「ほんの少しだけ知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

↑↑↑↑↑

どちらかポチッと押してもらえると幸いです。

いろんな方のブログ釣行記も見れますよ。

“12月12日夕 若洲人工磯で窃盗事件発生!” への6件の返信

    1. タケさん、はじめまして。
      これがソイですか!
      聞いたことあったんだけど、見分けつかなくて…
      親切に教えていただき、ありがとうございます。

  1. おお、ソイとはレアですね
    アオイソメでいろいろ釣れるんですねえ
    こういうロック系の魚って、生きエビじゃないと釣りにくいと思ってました

    1. 江戸の民さん、こんにちは。
      いまだにソイとカサゴの判別がつきません。
      めずらしく頭の色が緑色っぽいなぁとか、指があんま太くないなぁ、なんて思ってた程度ですから。
      ちなみに私もエサはたぶん活きエビが一番いいと思います。前に活きエビでたくさんのカサゴを釣り上げた方と人工磯で遭遇しました。そのときも青イソメではなく、活きエビを勧められました。
      いつも上州屋南葛西店でエサを調達してるんですが、青イソメの水槽の上に、活きエビの水槽もあるんで迷うんですよね。でも、高いし…

  2. こんばんは。

    自分の回りはネズミがうろちょろしています。こぼれたコマセを食べに…

    伊豆でカサゴ、ハタ類やるときはサンマの塩漬けでやってましたけどウツボの猛攻もすごいです。

    1. joさん、こんばんわ。
      ネズミに足元うろちょろされるなんて、かなりうっとおしいですね。
      それにしてもサンマの塩漬けって釣りの本にも載ってるのを見たことあるけど、保存とコスパが良さそうですね。スーパーで生1尾130円前後だから、数尾買ってきて短冊切りしたものを塩漬けにして冷凍庫にいれておけばいいわけですよね。めんどくさいのは嫌だけど、簡単そうなのでやってみます。年末行けるかわからないけど、サンマで釣ったらブログで報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA