10月9日夕 ようやく若洲で尺サイズのメジナをGET!

くもり・小潮・若洲(人工磯)・16時半~21時半

本日の釣果は、メジナ2尾、カイズ2尾、ちびセイゴ5尾、ちびカサゴ2尾、ちびコショウダイ1尾。

 

なんとか大雨もお昼過ぎには止み、先週パンクした自転車も治っていたので、上州屋でエサを調達して若洲へ。

20161009_162121

20161009_162145

16時過ぎに若洲に到着したけど、午前中雨だったせいかハイシーズンかつ三連休にもかかわらず、キャンプ場前や堤防では激混みというわけではありませんでした。

 

天気予報では風速4~5m/sだったので、そこそこの風は覚悟していたけど、心地いい北風でうねりもまったくなく、静かな若洲人工磯だった。たしか、先々週も凪状態だったような…

仕掛けは、円錐ウキB、がん玉B、ハリス1ヒロ、グレ針4号。エサは青イソメでだいたい2cmぐらいの垂らし。

今日の釣り座は人工磯先端手前100mぐらいのところ。日没が17時過ぎなので、いつもどおりそれまでにまずは1尾釣るよう集中。

 

20161009若洲メジナ

16:52頃、まずは本日一発目で悲願だった尺サイズのメジナをGET!

メジナって大きくなっても頭のサイズはあまり変わらないのか、30cmともなると頭が小さく見えます。

 

20161009_170055

夕マズメで日没直前だったので、空はこんな感じ。風も心地いい程度で、波もうねりもありませんでした。

20161009_170113

尺メジナがかかったポイントは赤い矢印のあたりでした。沈み根がある側です。良型はいつもこういう怪しいポイントでかかりますね。この根の周囲は、今日の17時前後で水深1ヒロぐらいでとても浅いです。とくに根と根の間はもうちょっと浅いはずです。常連さんならこのポイントわかりますね。

 

20161009_172538

17:25頃、20cmのカイズをGET!

 

20161009_173118

17:31頃、続けざまに26cmのカイズをGET! メジナみたいにトルクはないけど、するどい突っ込みでした。

 

そういえば、今日はクロダイの前打ちしている方を1名見かけたけど、前打ち専門の方々は夏以外の季節はどんな釣りしてるんでしょうか? 気になる…

 

電気ウキにチェンジ。

 

20161009_174110

17:41頃、コショウダイのちび。

 

20161009_175736

17:57頃、ちびセイゴ

 

20161009_183418

18:34頃、また、ちびセイゴ

 

20161009_185504

18:55頃、またまた、ちびセイゴ

 

20161009_193250

19:32頃、ま~た、ちびセイゴ

ちびセイゴでもメバルロッドなら面白いんだろうけどね。今日みたいな凪状態でメジナがかからないときは、メバルやカサゴ狙いに切り替えて、ルアー投げても面白いかも。さすがに磯竿1.5号では物足りなさすぎでした。

 

20161009_194752

19:47頃、22cmメジナ

 

20時頃、完全に潮の動きが停止。

どのポイントに仕掛けを投入しても電気ウキが静止状態のまま…

 

20161009_203456

20:34頃、ちびカサゴ。手のひらにちょこんと乗るサイズなので、水槽で飼ってみたい感じかも。それにしても頭周辺のトゲトゲがかっこいい。

 

20161009_211623

21:16頃、しつこいちびセイゴ

 

20161009_213032

21:30頃、ちびカサゴ

 

20時頃からは潮がピタッと止まり、アタリも激減した。

たしか21時前後?から潮が左から右へかろうじて動き出したんだけど、30分してもちびしか釣れないのでモチベーション維持できずに納竿した。

結果だけ見ると、今日は日没までが勝負だったようで、暗くなってからはちびしか釣れなかった。しかもちびセイゴばかり。数的にはつ抜けしてるけど、とてもつ抜けしたとは威張れない内容でした。

それでも悲願だった尺サイズのメジナが最初の一発で釣れたので、湾奥若洲のポテンシャルも馬鹿にできないことがかろうじて証明できたかな?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「若洲での五目釣行記.com」はランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「釣りに行きたい」

「ほんの少しだけ釣りの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

↑↑↑↑↑

どちらかポチッと押してもらえると幸いです。

いろんな方のブログ釣行記も見れますよ。

10月2日夕 1時間半でハゼ16尾!新左近川親水公園

晴れ・大潮・新左近川親水公園・16時半~18時

本日の釣果は、ハゼ16尾。

 

今日は、久しぶりにハゼ釣りをしてきた。

じつは、いつもどおりに若洲へ自転車を走らせていたところ、ちょうど新左近川親水公園を過ぎたあたりでタイヤをパンクさせてしまったのです。あんなところに自転車屋さんがあるわけもなく、目的地の若洲まで残り6km以上はあったため、若洲を断念して新左近川親水公園で釣りをすることにした。

20161002_165822

20161002_165838

新左近川親水公園は、江戸川区臨海町にあるレクリエーション公園で、デイキャンプ場がある人口の川なんだけど、この公園内の川(新左近川)は荒川につながっているので潮の満ち引きの影響も受けるところです。5~7月はテナガエビ釣りで賑わい、ちょうど今の季節はハゼ釣りで賑わうところです。

さて、今日は若洲へ行く途中だったのでのべ竿を持っておらず、仕方なく磯竿3号4.5m、スピニングリールにミャク釣り仕掛けでやった。ハゼ釣りにしては豪快なタックルです。

それにしても磯竿だし、ラインがナイロンライン3号だったので、ハゼに食わせるのはけっこう苦戦しましたね。もし、ラインも0.8~1号ぐらいで、のべ竿だったら手返しよく釣れたんだけど…

ちなみに私のハゼのミャク釣り仕掛けは簡単です。
中通しオモリ0.3~0.5号、自動ハリス止め、ハリス10~15cm、針。ポイントは中通しオモリとハリス10~15cmです。中通しオモリにする理由は、ハゼがエサをひったくった瞬間に穂先に反応を出すため。そしてハリス10~15cmは、ハゼに針を飲ませる前に穂先でアタリをとるために短くしています。あとは青イソメの垂らしをなるべく短くですね。

頻繁にハゼに針を飲ませてしまって悩んでる方は、このミャク釣りを試してみてはいかがでしょうか。今日は16尾すべて、針を飲ませることはありませんでした。

おススメです!

20161002_163948

20161002_164010

ほとんどのハゼが透きとおるようなキレイな魚体でした。鱗が大きめなのでウロハゼかも?

 

釣り方のコツは、仕掛けを着底させたら、ゆっくりズル引きするだけ。それと私の場合はなるべく底が砂地のところでやります。否定するわけではないのですが、某釣り具屋では中左近橋の下がポイントと言ってるけど、橋の下は石はごろごろしているし、牡蠣殻もあるためか根掛かりしやすいです。まずミャク釣りはきびしいでしょうね。

それとハゼは回遊しているわけではないので、同じ釣り座で粘るのではなく、ときどき釣り座を5mぐらいづつ移動してみると釣果が伸ばせますよ。

私のハゼ釣り仕掛けやコツは、以前にここ新左近川親水公園で散歩していた初老の方に教わりました。以来、浦安の境川や新左近川親水公園ではこの釣り方です。ハゼに針を飲ませず、手返しよくできます。

20161002_170116

↑弱る前に少しづつ逃がしたので、キープは少ないですよ

 

まあ、今日は1時間半で合計16尾だから、磯竿でこれだけ釣れれば満足です。20cmサイズは釣れませんでしたが15cm超は数尾釣れたので、10~11月になると20cm超の大物サイズが釣れるんではないでしょうか。

ちなみに今日は、荒川側の水門が閉まっていたのでしょうか?、大潮にもかかわらず潮の満ち引きが確認できず、水もまったく動きませんでした。潮が動けばもっと爆釣できたんでしょうけどね。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「若洲での五目釣行記.com」はランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「釣りに行きたい」

「ほんの少しだけ釣りの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

↑↑↑↑↑

どちらかポチッと押してもらえると幸いです。

いろんな方のブログ釣行記も見れますよ。